2012年09月07日

糖質制限の基準2(糖質制限食とは)

前回の続きです。
2012年8月26日読売新聞朝刊に「糖質制限ブーム・減量に高い効果・極端は危険」という記事の糖質制限ダイエット(低炭水化物ダイエット)について、分かりやすくまとめてご紹介しています。

<< 糖質制限食とは >>
糖質を多く含むご飯やパンなどの主食を食べなかったり、量を減らしたりする食事療法です。

<< 糖質制限食の考え方 >>
糖質を摂らないことで、食後の血糖値の急上昇を抑えます。
血糖値を安定させ糖尿病の悪化を防ぎます。
血糖値を下げるインスリン(インシュリン)ホルモンには、脂肪をため込む作用もあるので、「インスリンの分泌が減れば、脂肪をため込みにくくなり、減量にもつながる」という理論です。


上記の糖質制限食は糖尿病の食事療法ですが、
私たちの身近なダイエットでは、炭水化物を食べないor炭水化物の量を減らすダイエット法として「低炭水化物ダイエット法」とか単に「炭水化物ダイエット法」と呼ばれていますね。
「アトキンスダイエット法」も炭水化物を制限するダイエット法の1つです。
聞いたことのある方や、低炭水化物ダイエット法を実践したことのある方も多いのではないでしょうか。

次回は糖質制限の問題点について書きます。
クリックお願いします
にほんブログ村 ダイエットブログ 体質改善ダイエットへ
にほんブログ村

関連記事
・血糖値を急上昇させなければ太りにくい(7/12)
・血糖値の変動を抑える食べ方(7/13)

posted by あんず at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法・効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/290593715
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。