2014年02月18日

【プチ糖質制限の具体例】高雄病院 江部先生のお話

2014年1月7日放送のテレビ番組「主治医が見つかる診療所」で紹介された糖質制限について書いています。

前々回・・【糖質制限とは】高雄病院 江部先生のお話
前回・・・・【糖質制限のメリット】高雄病院 江部先生のお話


京都市の高雄病院の江部康二先生のお話では、制限度合いを3つに分けられていました。
■スーパー糖質制限(1日3食糖質抜き)
■スタンダード糖質制限(朝夕に糖質抜き)
■プチ糖質制限(夜だけ糖質抜き)


これまでの当ブログ記事でも書いていますが、誰もかれもが安易に糖質を制限しすぎるのは良くないので、「プチ糖質制限」の具体的な方法が放送されました。
VTRで、江部康二先生が、糖質制限のやり方をファミリーレストラン(ガスト)で実際に食べながら見せてくれたんですよ。


【プチ糖質制限の具体例 ガストにて】

<江部康二先生が注文したメニュー>
1、ひれかつ和膳(ひれかつ定食)※ご飯抜きで注文
2、若鶏のからあげ
3、おつまみほうれん草(ほうれん草のソテー)
4、エビと小柱のサラダ
江部先生は「1日1食くらいご飯抜きでもつらくないと思う。」と言って、こんなにたくさん注文されました。

<具体的な食べ方>
1、ひれかつ和膳(ひれかつ定食)※ご飯抜き
・ソースは砂糖が入っているので付けない。
一般的なとんかつソース大さじ1に糖質5g入っている。→角砂糖 約1,3個分
江部先生「ソースを使わなくてもレモンや塩を少し振るだけでおいしく頂けます。」
・ひれかつ1つ目はそのまま食べて、2つ目からは、衣を半分はがしてパン粉の小麦を減らす。
半分衣を残して食感を楽しむ。
2、全部食べる
3、全部食べる
4、全部食べる

<プチ糖質制限の原則>
プチ糖質制限の場合、夕食で行うことが原則。
朝昼は活動により、血糖値は上がっても消費されるが、夜は消費されないので。



次回も続きで、「【糖質制限でむくみ改善】姫野友美先生のお話(ひめのともみクリニック)」です。
クリックお願いします

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連
(2)糖質制限食とは
(5)高雄病院(京都市) 江部康二理事長が提唱する最も厳格な方法
posted by あんず at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法・効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389037883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。