2013年06月06日

将来太る?油断できないタイプとは

上沼恵美子さんと高田純次さんが司会を努める読売テレビの番組「上沼・高田のクギズケ!」(2013年6月2日)でのこと。
医療ジャーナリストで現役医師の森田豊先生が出演していました。
森田豊先生は、「ママがぽっちゃりな人は将来自分も太るかも。」いうお話をしていましたので、ご紹介します。

こんな研究成果があります。
<<子供が肥満になる確率>>
★両親とも正常体重 →10%
★父が肥満  →30%
★母が肥満  →70%
★両親とも正常体重 →80%

森田豊先生
「肥満遺伝子というのが体の中にあるんですけど、だから遺伝で肥満が決まるっていうのもあるんでけど、ただ、お父さんよりかお母さんが肥満の方が、子供の肥満率が高いですよね。これは遺伝だけではなくて、やっぱりお母さんが作る食べ物。それが量が多かったり油っこかったり、そういう環境因子を引き継ぐんですよね。ですからまあ、お母さんが肥満の方は特に食生活とかを気を付けたら良いんじゃないかな。」


肥満予防健康管理士講座でも肥満遺伝子や子供が肥満になる確率などについて学びます。
2011年11月22日の記事「太りやすいのは遺伝?」でも触れていますので読んでみて下さい。

クリックお願いします
にほんブログ村 ダイエットブログ 体質改善ダイエットへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
痩せる遺伝子・太る遺伝子2〜基礎代謝量への影響〜
<砂糖不使用>ダイエット 料理レシピ集1
<砂糖不使用>ダイエット 料理レシピ集2
<砂糖不使用>ダイエット 料理レシピ集3

他サイト関連記事
上沼・高田のクギズケ放送地域と時間
あなたの肥満遺伝子倹約遺伝子)タイプは?
posted by あんず at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

痩せる遺伝子・太る遺伝子2〜基礎代謝量への影響〜

前回の続きです。

★肥満遺伝子異常(異変)による1日の基礎代謝量への影響★

@痩せる遺伝子β3アドレナリン受容体に変異がある → 基礎代謝量が約200kcal低くなる

A痩せる遺伝子UCP-1(脱共役たんぱく)に変異がある → 基礎代謝量が数十kcalから100kcal程低くなる

B太る遺伝子β2アドレナリン受容体に変異がある → 基礎代謝量が約200kcalから300kcal近く高くなる



これぞ正に”生まれつき”というものですね。
太りやすいという人は、もしかしたら@やAに当てはまるのかもしれません。
自分が何で太るのか・・・そのタイプを知ることは、どの方法でダイエットするかのスタート地点といえるのではないでしょうか。

上記の3つ(β3アドレナリン受容体・UCP-1・β2アドレナリン受容体)の肥満遺伝子を調べるお手軽な検査キットがあります。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 体質改善ダイエットへ
==追記==
2013年2月6日のYAHOO!BEAUTYに、この記事と同じ内容ですが関連記事がありました。
「ダイエットのウソ・ホント<13>肥満遺伝子が太る原因?!」
posted by あんず at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痩せる遺伝子・太る遺伝子1〜かんたん解説〜

肥満に関する遺伝子(肥満遺伝子)で日本人に関係の多いものが3つあります。
@β3アドレナリン受容体 ※痩せる遺伝子
AUCP-1 (脱共役たんぱく)※痩せる遺伝子
Bβ2アドレナリン受容体 ※太る遺伝子

★肥満遺伝子に異常(異変)を持つ人の割合★
@の痩せる遺伝子に異常(異変)を持つ人が、日本人では約3人に1人います。

Aの痩せる遺伝子に異常(異変)を持つ人が、日本人では約4人に1人います。
この痩せる遺伝子異常によって、1日の基礎代謝量が低くなります。(←太りやすい)

Bの太る遺伝子に異常(異変)を持つ人が、日本人では約6人に1人います。
この太る遺伝子異常によって、1日の基礎代謝量が高くなります。(←太りにくい)


ではこれによって1日の基礎代謝量はどの程度変わるのでしょうか?
次回かきます。
クリック願いします
にほんブログ村 ダイエットブログ 体質改善ダイエットへ
にほんブログ村


健康ダイエット ブログランキングへ


関連
夕方お腹がすいた時の食事法
太りにくい人になるには
太りにくい☆年末年始の食べ方・飲み方
ぐうたらでも太りにくい体になるには
【食事】太りやすい人と太りにくい人の違い
【間食】太りやすい人と太りにくい人の違い

posted by あんず at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

肥満遺伝子に異常があると子供が太る確率は?(GPR120)


前回の続きです。
京都大学(京大)が2012年2月20日に発表した脂肪センサ「GPR120受容体」のニュース。
このニュースで私たちに関係する事の要点をまとめてみました。
※関連 京都大学HP「脂肪センサーGPR120が食事性肥満の原因遺伝子であることの発見」

・肥満遺伝子「GPR120」が変異している(肥満遺伝子に異常を持つ)マウスは、メタボになった。
・そしてGPR120遺伝子の変異は遺伝する。
・肥満には、遺伝性のものが一部あることが分かった。
・この肥満遺伝子GPR120は、私たち誰もが2つ持っている。
例えばある人が、変異した肥満遺伝子GPR120を1個持っていた場合・・・・その人の子供が太る可能性が50%ある。
ということです。

そこで、京都大学薬学研究科の平澤明准教授は、
★肥満遺伝子GPR120を刺激して肥満を改善する薬を開発できるのでは。
★肥満遺伝子で体質診断できるようになるのでは。
と話しているそうです。


私も12月2日の記事 遺伝でも肥満は予防できる! で肥満と遺伝について書いています。
遺伝でも、遺伝ではない人と同様にダイエットを成功させることはできますよ。
あきらめないでご安心を。
でもせっかくだから、体質遺伝をポジティブに受け止めたいですよね。

家事をしながら・通勤しながらできる「ながら運動」や移動は自分の足で、という風に「体を動かす行動パターン」を身につけると、減量・体重維持の他にも嬉しいオマケが付いてきます。

クリックお願いします
にほんブログ村 ダイエットブログ 体質改善ダイエットへ
にほんブログ村
posted by あんず at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥満遺伝子に異常があるとなぜ太る?(GPR120)

京都大学(京大)が2012年2月20日、脂肪センサ「GPR120受容体」が食事性肥満の原因遺伝子であることを見出したと発表しました。
肥満と遺伝の関係について、世界で初めて科学的な証明がなされたのです。
簡単にいうと、新たに肥満遺伝子GPR120が見つかったようです。
これはマイナビニュースなどや、
テレビ朝日のモーニングバードでも紹介されました。


司会の羽鳥慎一さんや玉川徹さん、松尾貴史さんら男性は「少しふっくらした方が好き」なんて言っていましたね。
それに対して立花胡桃さんは「遺伝だから(太っても)仕方ないって言える」と、女性の気持ちを代弁しているようでした。


そう!太りやすいのは仕方ないんです。
ただ、メタボになっちゃうのが健康にも美容上にも良くない。


肥満遺伝子に異常があるとどうなるのでしょうか・・・・・?
例えば
脂肪をため込みやすくなるか、逆にエネルギー消費しやすくなる等になります。

確かに、たくさん食べても太りにくい人も居ますよね。
だけど、遺伝でメタボになりやすい人も、メタボになりにくい人も注意しないと、かなり太ってくると、皆どんどん太るスパイラルに陥ってしまいます。
こわいですね。気をつけましょう。

次回は、肥満遺伝子GPR120のニュースで私たちに関係ありそうな事を、分かりやすく書いてみたいと思います。

クリックお願いします
にほんブログ村 ダイエットブログ 体質改善ダイエットへ
にほんブログ村
posted by あんず at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 肥満遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
 
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。