2013年11月29日

キツイけど短期間で効く!下腹腰回り痩せ方法

寒くなって厚着するようになりましたが、腰やお腹まわりのプヨプヨお肉、大丈夫?
ちょっときついけど効果抜群のエクササイズで、スッキリ引き締まったウエストを手に入れませんか?
1日〜2日おきにやれば1週間か10日程で効果を実感し始める方が多いエクササイズです。
腹筋をするのと同じなので、若い方だけでなく中高年の方もできますし、姿勢の改善や腰痛予防にもなります。
筋トレや運動を長年されていない方は、セット数を短くする、時間を短くするなどの加減をして下さい。


1、マットや座布団の上に仰向けに寝る
(マットレスのベッドは腰が下がるのでやめた方が良いです)
(この時、足はまっすぐ伸ばして揃えている状態だと思います)

2、床から少し(10cm〜15cm)位かかとを上にあげる
(普通に仰向けに寝て足を浮かしている状態です)
(足を低い位置で浮かす方がキツイ)

3、そのまま1分間頑張りましょう!

4、ゆっくり足をおろす
これを3セット行いますが、1セット目を終えたら1分休憩して2セット目を行い、また1分休憩して3セット目を行います。


たった1分でも結構キツイですよ。
だんだん足が下がってきて、1分もたない人も少なくありません。
下がってきて床に着いても、すぐかかとを持ち上げて続行して下さい。
この様に、完全に1分間足を持ち上げ続けることができなくても、できないなりにやるのです。
つらくても5分で終わり。
そのうち2分は休憩ですよ^^
いきなり3セットが無理なら、2セットでも1セットでも試してみる価値あり!
きついですけどね。
その分効果を感じはじめるのは早いです。

そして1分間足を上げている間は、お腹や腰回りの筋肉が使われて固くなっていますのでそれを是非確かめて。
下腹だけでなく、脇腹の後ろ側(腰の背中側)も引き締まるのがきっと分かるはずです。

クリックお願いします

にほんブログ村


健康ダイエット ブログランキングへ
posted by あんず at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

【間食】太りやすい人と太りにくい人の違い

前回の続きです。


★たとえ食事量が多くなくても間食をする頻度や量などが違う

毎日1回間食する人、1日何回も間食する人、1日に何回か間食する日が時々ある人、何日かに1度せいぜい1回間食する人など・・・
食べ物の内容だけでなく頻度の違いによる影響は大きいです。
ちなみに間食が必要なのは、食べる量が少ないお年寄りと子供です。
記事(子どものおやつ 適量とは?)


★夕食後から寝るまでの間に、もしも何かを食べるとしても、そのタイミングが違う

スリムな人は夕食後や昼間の間食をほとんどしない(つまり習慣がない)人が多いですが、もし食べるにしても、夕食後すぐの早い時間帯と寝る前とでは・・・やっぱり違いますよね。


★空腹に対する捉え方が違う

食が豊かな現代では、大人も子供も、空腹は決して悪いことではありません。
お腹が空いても三度の食事をきちんと摂っていれば、夕方や寝る前の空腹感を無視して良いのです。
でも私たちは無視したくてもできないから食べてしまうんですよね〜。
だけど焦らず習慣づけすることで、空腹感を無視できる自分に変わることができます。
また、子どものダイエットや肥満予防では、ジュースなどの甘い飲み物単品でも「おやつ」として取り扱うと良いですよ。
記事(小腹が空いた時の対処法 その1)



ダイエットに成功してリバウンドしないようにするためにも、これらの「些細な違い」を今一度見直してみて下さい。
クリックお願いします

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連
夕方お腹がすいた時の食事法
太りにくい人になるには
太りにくい☆年末年始の食べ方・飲み方
ぐうたらでも太りにくい体になるには
子どものおやつ 適量とは?
痩せる遺伝子・太る遺伝子1〜かんたん解説〜
【食事】太りやすい人と太りにくい人の違い
食べて痩せるダイエットメニューの味付けポイント
posted by あんず at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食事】太りやすい人と太りにくい人の違い

ダイエット指導の中で見えてくる、太りやすい人と太りにくい人の「些細な違い」。
今回は、ダイエット指導の中でよくみられる食習慣の「些細な違い」をいくつか取り上げてみます。
子供のダイエットにも◎

★コンビニ食(お弁当、からあげ類や肉まん等、インスタント食品、パン、アイス、菓子類、飲み物など)を買う頻度が違う

コンビニは多くの人が利用しますが、頻度には明らかに個人差があります。
記事(糖・脂肪の吸収を抑える○○弁当とは?)


★砂糖・ミルク入りコーヒーや紅茶、ジュースなど甘い飲み物を飲む頻度が違う

スリムな人は、ジュースや砂糖入りのコーヒー・紅茶よりも、お茶や水を飲む回数の方が圧倒的に多い傾向があるように思います。


★「お腹いっぱい」の基準が違う

大きく分けて「お腹いっぱい=腹八分目」という感覚の人と、「お腹いっぱい=腹十分目orそれ以上」という感覚の人がおられます。
胃袋をコップに例えてみると分かりやすいかと思いますが、コップに飲み物を入れる時に八分目位まで入れますよね。
太りにくい人は「適正な量=お腹いっぱい」と捉えている人が多いように思います。


★ひと口の量が違う

本当に些細なことですが、1回1回お口に運ぶ量が違うと、同じ時間内でも胃に運ばれる量が変わってきます。
また、自然に食べる時間がかかってしまうので、仮に食べ過ぎても量そのものが違ってきます。
子どもにはよく噛む習慣づけの為にも、ひと口の量が多くならないよう教えたいですね。



次回もまだこの続きを書きます
クリックお願いします


にほんブログ村



人気ブログランキングへ

関連
夕方お腹がすいた時の食事法
太りにくい人になるには
太りにくい☆年末年始の食べ方・飲み方
ぐうたらでも太りにくい体になるには
子どものおやつ 適量とは?
痩せる遺伝子・太る遺伝子1〜かんたん解説〜
【間食】太りやすい人と太りにくい人の違い
食べて痩せるダイエットメニューの味付けポイント

posted by あんず at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

血圧を下げる効果がある酒量で健康ダイエット

少量のお酒は体に良いと聞きますが、本当なんですね。
節酒は健康を手に入れるダイエット法の第一歩です!
2013年10月21日放送TV番組「ミヤネ屋」
解説:桑島巌先生
(高血圧など循環器系の病気の専門家で、東京都健康長寿医療センター顧問、東京医科大学兼任教授)

<<血圧を下げる効果がある酒量>>
1日に下記全部の量ではありません。
どれか1種類の量を飲むことで血圧を下げる効果が確認されています。

・ビール→500ml
・日本酒→1合
・焼酎の水割り→2杯
・ワイン→2杯

<<血圧を下げる効果があるおつまみ>>
枝豆
冷奴
ナッツ類(特にくるみ)


必ずこの量を超えないように守って下さい。
血圧を下げる効果だけでなく、もっとダイエット効果をアップさせたい方は、「ダイエット中にアルコールが飲みたくなった時の量」もご参考にどうぞ。
でももし、守ることができそうにないのなら・・・
下記の関連記事をご参考にしてみてください。
ホントは飲まないのが1番ですけどね☆

クリックお願いします


にほんブログ村


健康ダイエット ブログランキングへ


関連記事
ダイエット中のビール☆最適おつまみ
アルコールを飲み過ぎないためのテクニック
ダイエット中の宴会☆食べ方・飲み方

その他
ミヤネ屋
TVでた蔵 高血圧 ミヤネ屋
from4050 森進一さんの高血圧緊急症と仮面高血圧症 常識・非常識 ミヤネ屋

posted by あんず at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

ダイエット食品で急性肝炎を発症

yahoo!ニュース【朝日新聞デジタル2013年10月10日(木)】

アメリカで販売されているカプセル型のダイエット食品『OxyELITE Pro(オキシエリートプロ)』という商品で急性肝炎による死亡例が出ているそうです。
このオキシエリートプロは、インターネットの日本語サイトから買えるため、個人輸入している人がいるかもしれません。
このたび発症例が出たのはアメリカで、29人ですが、そのうち2人が肝移植をし、1人が死亡しているとのこと。
厚労省によると、日本国内での被害は今のところ確認されていないそうですが、熱や吐き気などの症状が出れば、近くの保健所に相談してほしいと呼びかけています。


日本は認可されるのが遅いと聞きますが、こういうニュースを見ると、慎重さも大切だな〜と思いますね。
こういう事故は昔から何年かごとに耳にします。
みなさんも気をつけて下さい。

クリックお願いします

にほんブログ村



人気ブログランキングへ
posted by あんず at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。